女性の皆さん!アフターピルについての存在は知っていても価格や簡単な入手方法、さらには飲み方まで熟知している方は少ないのではないでしょうか?ピルの中の1種であるアフターピル、当サイトで概要を覚えていってください!

アフターピル初心者講座

アフターピルと低用量ピルの違いと避妊のエチケット

アフターピルは緊急避妊用のピルなので即効性がありますが、低用量ピルは生理周期に合わせて飲まなければ避妊効果がないので、飲み忘れに気をつけながら服用を続けなければなりません。また副作用にも違いがあり、アフターピルでは吐き気や腹痛などが多いのですが、低用量ピルは副作用が出たら違うタイプの薬に変更できるので、基本的にはあまり副作用が出ません。セックスの時にコンドームを用いることはエチケットとされていましたが、エイズの治療薬が開発されるなどして、性感染症に対する不安がなくなったことで、避妊をせずにセックスをする人が増加しています。それによって、梅毒などの性感染症の患者数が年々増加傾向にあり、耐性菌も多くなっているので、恐ろしい病気になりつつあります。クラミジアや梅毒は、女性の感染者が多いのですが、男性も症状が出ないだけで、感染していることが多いので、パートナーが性感染症になったら、二人で検査を受けなければあまり意味がありません。コンドームは正しく使用すると確実に避妊することができますが、オーラルセックスのときなどにはコンドームを使用しないことが多いので、感染症を予防する効果が限定的とされています。オーラルセックスは挿入などはありませんが、口腔内にウイルスや細菌が侵入するので、コンドームをしていないと感染することがあります。避妊に失敗をしてもアフターピルを服用すれば妊娠を避けることができますが、女性の体に対する負担が非常に大きいので、女性が低用量ピルで日常的に避妊をしておくか、男性が毎回コンドームを使用するかのどちらかを選択しなければなりません。ピルには血栓症のリスクを高めるという副作用があるので、なるべく男性がコンドームを使用するのがエチケットとされています。