アフターピル初心者講座

女性の皆さん!アフターピルについての存在は知っていても価格や簡単な入手方法、さらには飲み方まで熟知している方は少ないのではないでしょうか?ピルの中の1種であるアフターピル、当サイトで概要を覚えていってください!

アフターピル初心者講座

アフターピルの効果について

アフターピルの効果を説明する薬剤師アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、避妊に失敗して妊娠してしまうのを防ぐために飲むための薬です。アフターピルは薬の種類にもよりますが1錠だけ飲んで終わりのものと1錠目を飲んでから12時間後にもう1錠飲むという合計2錠飲むタイプがあります。どちらもアフターピルとしての働きは「排卵間近なら排卵をストップさせる・子宮内膜を剥がす」というものになります。女性の身体は女性ホルモンに大きく影響を受けており、排卵や生理が起こるのは女性ホルモンの働きによるものです。アフターピルは服用することで女性本来のホルモンのバランスを変化させ、子宮内の粘膜の粘度を上げて精子が子宮の中でスムーズに動けないようにします。それと同時に排卵が近づいている場合には排卵をストップさせます。卵子の寿命は約24時間と言われていて、その間に受精しなければ妊娠をすることはありません。しかし精子は長い場合には1週間ほどの寿命があると言われているため、排卵を遅らせて受精してしまうのを防ぎます。さらに子宮内膜を剥がしてしまう効果もあります。子宮内膜は女性の生理の際の経血になるもので、受精卵のベッドとも呼ばれているものです。受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠ということになってしまうため、万が一受精卵が出来てしまっていた場合にでも着床できないように子宮内膜を剥がしてしまいます。これらの作用をアフターピルがやってくれるため、妊娠を防ぐことができるのです。 注意点としてはアフターピルはあくまで避妊の薬で中絶のための薬ではないため、妊娠してしまっている場合には効果がありません。また、女性の身体への負担も大きくなってしまうため、性交渉のたびに飲むものではなく、あくまで緊急時に使うものです。

アフターピルはお酒で飲んでも大丈夫?

ビールジョッキーの画像アフターピルの効果にお酒はあまり関係はありません。お酒を飲んだからといってアフターピルの効果がなくなるということはないです。しかし一つ注意が必要なことがあります。それはお酒を飲む量のこと。これは飲む量が増えてもアフターピルの効果に影響はないのですが、お酒を飲んで気持ち悪くなってはいた場合に問題があるのです。お酒を飲んで気持ち悪くなった経験はありませんか?アフターピルを飲んだ後にお酒を飲む時、 普段の晩酌程度ならば何の問題もないでしょう。いつも飲んでいる量だったら、あまり酔っ払うこともないし、吐くほど飲まないからです。しかしもしも友人との飲み会があるという場合には、少しお酒の量を自制する必要があります。お酒の量が増えると、自分でも知らないうちに酔っ払っていることもありますね。また大丈夫と思っていても、急に酔いが回ってくるときもあるのです。そのために吐かないようにすることに一番注意が必要です。一般的にアフターピルを飲んで4時間以内に吐いてしまうと効果はないと言われます。そのために内服をしてから4時間以内が一番大切です。
時に性交渉の避妊に失敗したかも…、アフターピルを飲んだけれど、本当に妊娠しないか心配という不安が大きい場合は、精神的にも少し弱くなっていると気なので、お酒を飲むと酔いやすいことがあるかもしれません。またみんなで一緒に居ると不安を忘れることもできるので、つい飲み過ぎることもあるのです。アフターピルとお酒は関係はないと言われますが、やはり自分で自制して、吐いていしまうほど飲まないことというのを守ることが大切です。そのためには、 アフターピルを飲んだ後は、少しの期間飲酒は避けた方がいいのかもしれません。

▼アフターピルも重要ですが、避妊を希望するなら経口避妊薬の服用をおすすめします
経口避妊薬
▼アフターピルのお求めは通販がお得!
モーニングアフターピル
▼身体への負担の大きいアフターピルを服用するより、定期的に低用量ピルを服用し自分の身体を守りましょう
トリキュラー 通販